Vol.20 カラオケ歌って帰ろう

ベトナム バックパッカー 旅 旅行 2011世界一周旅

3月17日

ラックザー2日目

昨日ホーチミンのバス停で出会ったベトナム人のタムの実家に来た。

今日はかねてから言っていたメコン川クルーズに連れてってくれるそうだ。

前回タムが金持ちだという話が出たが、今回それが明らかになる。

ちなみに<今日のスケジュール>

メコン川クルーズに出かけ、ちょいちょい運転とかもさせてくれる。(運転?)

途中、ある小屋に立ち寄り、そこで養殖しているエビとベトナム地酒を堪能させてくれる。
 ちなみにその小屋ではハンモック睡眠を予定。(エビちゃんと睡眠?)

途中、ある水田に立ち寄り、まさに稲刈り時期である今、農夫達と楽しくを会話し、稲刈り体験をさせてくれる。(怒られない?)

従業員の家に遊びに行き、ラックザーに住むベトナム人の生活を体験する。(従業員?遊びに?)

元妻の実家のカラオケ屋に行く。(何これ?)

そう、勘の良い方はお分かりでしょう。

何を隠そう、彼は大地主のおぼっちゃんだったのです!!

自家用ボートでクルージングし、経営する養殖場で従業員の方がせっかく育てたエビを堪能し、農夫の方々が必死になって働いてる水田にフラフラとどら息子が遊びに行き、従業員の方の家で酒を飲み、騒ぎ、歌い、別れた妻の家に会いに行き、カラオケだけして帰るのです。

どうですか!!
素晴らしいでしょう!!!

おっと、ごめんなさい。若干トゲのある、意地悪な言い方をしてしまいました。

それもこれも後にタムの本性が明らかになったので、こんな言い方をしちゃってます。

それは、、ブログでは触れませんが。。。

とにかくこの日の事は、僕と小幡の為を思ってやってくれているのです。

ありがとうTAM。本当はとても感謝しています。

でも⑤だけは本当に理解できないけどね。

せっかくなので、全て楽しみました!!⑤以外!!




























































本当にカラオケ一曲だけ歌って帰った。

良いガイドのおかげで丸一日楽しんだ!

本当に貴重な体験をさせてもらった。

改めてタムありがとう!!

従業員のチンさん、ありがとうございます。

何よりタムのご家族、ありがとうございます。

その日の晩に、ラックザーを出発。

また6時間かけて早朝ホーチミンに到着予定。

凄く楽しかったけど、疲れが尋常じゃないぐらい溜まってる気がする。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました